510l7+qJXgL

家族をテーマにした6編の短編が収録された家族小説?です。

平易な表現でありながら、絶妙なセリフや描写で、登場人物の感情が手に取るように伝わって来て、とても読みやすいので、久しく本を読んでいないという方でも気軽に楽しめると思います。

6編はそれぞれ全く別のお話ですが、とても身近な話題が多く、登場人物の誰かしらに、共感出来ると思います、おじさんの私としては、ついつい、「おとうさん」に感情移入してしまい、泣くほどの劇的な話ではないのですが個人的には結構涙腺が緩みました・・!家族って本当に良いものですね。。

奥田英朗さんの作品は初めてでしたが、とても良かったです。
今作品はシリーズの3作目にあたるとのこと、早速、前2作も読んでみようと思っています。

【ブログ】 かいて木日記 

羽鳥 弘晃
羽鳥 弘晃管理人
手入れと片付けの専門家 かいてきの木 代表の羽鳥(はとり)と申します。

「かいて木日記」は、日々を心地良く快適に暮らすためのヒントを探すブログです。快適な暮らしに役立つ情報を努めて発信しております、特に地元長野市の皆様のお役に立つ、より具体的な内容を心掛けております。

記事がお役に立てましたら、下のSNS連携ボタンで、気軽にシェアしていただけると大変嬉しいです。

ブログではその他に、私共「かいてきの木」の近況や仕事ぶり等もお伝えしていきます。

投稿記事の8~9割は[管理人]羽鳥が書いておりますが、かいてきの木スタッフが書いた記事もアップしております。

どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。